某大学での語学講座を受講した際の締め括りは、世界の諸問題ということがテーマでした。私は「核問題」について書き上げました。以下の文案は、終戦の日に今一度、核について考えていただきたかったので掲載した内容です。日本人は、第二次世界大戦における多くの犠牲者を悼み、とりわけ原爆投下による深い傷が今も心の中に深く刻み込まれています。人間は、時として核兵器のような大量破壊兵器を開発し、何故、人と人が互いに傷つけ合い、血で血を洗う戦争を引き起こすのでしょうか。私たちは、恒久平和を祈り、このような同じ過ちを繰り返さないことを信条としていかなければなりません。 勿論、日本のみならず世界中で核廃止を掲げて世界の恒久平和こそ本来、在るべき人間の姿だと切に思う次第です。

 

The issue of nuclear「核問題」 

<英文原案>  The issue of nuclear

①We are facing the issue of nuclear weapon that is an important issue when we consider the peace of the world.
In various countries in the world, to get rid of nuclear is the goal that many people wish and desire to attain for a long time.
The existence of nuclear weapon is a threat and is becoming the pressure and suppression toward 
many countries.
However, having nuclear weapons is high for the possibility that brings out a war between countries
and affirms it.
Why do human beings fight with each other, bring out a war that discharges many victims and have
many nuclear weapons?

②The nuclear Bomb was dropped by America in Hiroshima and Nagasaki at the World WarⅡ, and many people died.
Today, Japanese people still remember the war in pain.
According to the history, the Cold War finished, and the threat by destruction disspated. 

The relief was brought all over the world.
Many people believed the world without nuclear weapons, would be realized, but in fact, nuclear 
weapons still was in the world. 
Now, North Korea advances the development of nuclear, carries out
nuclear tests, is doing foreign affairs by pressuring toward American and Japan with it. I don’t think the act of negotiation by suppression is really able to forgivable.
On the one hand, the 2010 Review Conference of Nuclear Nonproliferation Treaty(NPT) is pressing.The NPT is facing the crisis of collapse due to North Korea's withdrawal from it and
that the nuclear weapon states neglects an action. (nuclear weapon states=U.S.A, Russia, France, Britain, China)


③In such circumstance, the other day, the U.S President Barack Obama has committed to realize the world without nuclear weapons in his administration.
It is a long and difficult plan, and many people also don't consider it as achievable and practical. 

The President Obama must not yield to such view and opinion. In any case, all nations need to makeefforts to overcome it.
The concrete plan and scheme would be the progression of the Comprehensive Test Ban Treaty(CTBT) by U.S.A, summit for the issue of nuclear weapons, stopping the production of fissile materials and  creating concrete treaty of the nuclear.


④In such situation of the world, the viewpoint for defense of own nation by having nuclear weapon 
and the threat and pressure toward other country as one of means of diplomacy such as North Koreais also to affirm possessing weapon of mass destruction. (WMD)
But, if we hope a real peace of the world, we should aim it and make it as come true, it is 
essential factor to remove nuclear weapons.
There isn't a real peace in the world when we are exposed by the threat of nuclear weapons.
We need to establish a treaty which includes the item similar to the ninth article of Japanese 
Constitution and three antinuclear principles, system and organization in the world is powering up, human beings takes each other by the hand, we should be to come true warm and gentle the world. 

I strongly hope so.
And, on the other hand, some countries think that insisting on the issue of nuclear by America is conflicting because America also possesses nuclear weapons.
As an ideal, I think that Japan should lead off the issue of nuclear because Japan doesn't possess
 nuclear weapons.
I think it should be so. 

 

 

<日本文原案> テーマ:「核問題」 

①私達は、世界平和ということを考える時に核問題という重要な問題に直面する。世界各国において、核を排除することは、多くの人々が望み、切望する念願である。
核の存在は、多くの国の脅威であり、圧力や抑圧になっている。しかしながら、核を保有することは、結局、戦争を起こす可能性が高いし、戦争を肯定していることである。
何故、人間は、人と人が争うことや多くの犠牲者の出る戦争を引き起こしたり、大量破壊兵器の核などを保有するのだろうか。

②日本は、第二次世界大戦でアメリカにより、広島と長崎に原爆を投下され、多くの人々が死んだ。今でも、日本人は戦争の過ちを心の傷としている。
歴史的に見ると、冷戦が終結し、破壊による脅威が消えて、世界中に安堵が蔓延した。
多くの人々は、核がなくなると信じ実現しようとしたが、実際は、核兵器は未だ世界にはあった。
現在でも、北朝鮮は、核開発を進め、核実験を行うことでアメリカや日本に圧力をかけて外交を行っている。このような抑圧行為による交渉などは実に許せない行為である。一方で、2010年の核拡散防止条約(NPT)の検討会議も迫っている。北朝鮮の脱退や核保有国の各国(アメリカ,ロシア,フランス,イギリス,中国)が取り組を怠ったことでNPTは、崩壊の危機に直面している。

③このような状況の中で、先日、米国のバラク・オバマ大統領は、核のない世界という長年の抱いてきた夢に向かって自らの政権が関与することを約束した。それは長くて、困難であり、多くの人々もまた、達成可能な現実的であると考えていない。
オバマ大統領は、こんな意見に屈せず、それを乗り越えるために、全ての国による努力が必要である。具体的な策は、CBTの米国による推進、核問題のための首脳会議、核分裂物の製造の中止(停止)、条約制定である。

④世界各国の状況において、核兵器を持つことで自国防衛という観点や北朝鮮のように外交の一手段として各国の威圧は、大量破壊兵器を保有することを肯定していることでもある。
しかし、本来、私達が真に世界平和を望み、目指し、実現するならば、核廃絶は絶対的要素である。
核の保有による脅威にさらされた世界に真の平和などあり得ない。
世界中に、日本の憲法第9条や非核3原則などのような定めがなされ、世界で体制や構造の強化をして、人と人が手と手を取り合うというような温もりのある世界平和を実現していくべきである。私もまた強くそう願う。
また、他方で、いくらかの国々は、アメリカもまた核兵器を保有しているのでアメリカが核問題の主張をすることは、矛盾していると考える。
理想としては、私は、日本は核兵器を保有していないので日本が核の問題を牽引していくべきである。私は、そうあるべきであると考える。


 

 

■これは、某大学にて語学講座(英語)を受講した際に与えられたテーマについて書き上げ、提出した内容の英文です。今回のライティング課題は、「お気に入りの映画」についてでした。私は「ブレード・ランナー」について書きました。自分で日本文の原案を作成し、それを英語で書き上げました。勿論、オリジナルです。

BLADE RUNNER / (ブレード・ランナー)


(英語文原案)
My favorite movie is “BLADE RUNNER”.
The director is Ridley Scott, and the main actor is Harrison Ford.
This movie belongs to SF.
In Los Angeles at 2019, the Replicant such as human being is produced by the progress of inheritance engineering. But, because the Replicant lives only for four years, the four
Replicants went down to the earth to lengthen their lives. They went to see a professor

who invented Replicants.
In fact, it was resisitance toward human beings.
A police officer (=Deckard played by Harisson Ford) was selected to stop the resistance of four Replicants.
Deckard killed of Replicants one after another.
The point of this movie is the duel with the Replicant's Boss.
This Replicant finally saved Deckard who was in danger, and was about to lose the life.
The scene that after Replicant's Boss said “I've…seen things you people wouldn't believe.
Attack ships on fire off the shoulder of Orion.
I watched C-beams…glitter in the dark near the Tannhauser Gate.
All those…moments will be lost…in time…like…tears…in the rain. Time to die.” , he gave out his life inspired me.
It is the symbol of peace, and the pigeon is flying into the sky to express reconciliation between human beings and Replicants.
This movie also describes the good of saving Deckard.
And, Replicant's life also isn't different from “Live and Death of human beings”.
The movie expresses extraordinary fear with duel scenes, and “passing life” as well as human beings. In fact, this is one of the best movies of the 20th century.


(日本文原案)
私のお気に入りの映画は、「ブレード・ランナー」である。監督は、リドリー・スコットで、主演はハリソン・フォードである。
この映画は、SFに属する。
近未来の2019年のロスサンジェルスにおいて、遺伝子工学の発達により人間と同じような人造人間=レプリカントが生産されていた。
レプリカントは4年しか生きられない。そのため、4人のレプリカントが寿命を延ばしてもらうために地球に降り立った。事実上の人間への反抗である。
デッカードは、次から次へとレプリカントを始末していく。
物語の見所は、4人目のレプリカントのボスとの決闘シーンである。
このレプリカントは、追い詰められて、命を落としそうなデッカードを最後には救うのである。レプリカントのボスが「俺は君たち人間が信じられないようなものを見てきた。オリオン星のそばで炎上する攻撃用宇宙船。タンホイザーゲート付近の暗闇に煌めくCビーム。そんな記憶も時が来ればやがて消えゆく。雨の中の涙のように。死ぬ時が来た。」と言ったあと、命がつきていったシーンには感動した。
それは、平和の象徴であり、人間とレプリカントとの和解を表現するためにハトが空の中へ飛び立って行く。
また、これはデッカードを助けたことへの「善」の描写でもある。
そして、レプリカントの命もまた「人間の生と死」と変わらないのである。この映画は、決闘シーンによる独特の恐怖感と同時に人間の「儚い命が」表現されており、事実、20世紀の傑作映画の一つである。


 

 

 

 

 

某大学の語学講座にて課された今回のライティング課題は、有名人について書く、所謂、バイオグラフィーでした。私は、大学が経済学部出身なので「マンキュー」について書きました。
今回は、バイオグラフィーなので自分で下調べをした上で日本文原案と英文原案を作成した内容を掲載します。

Nicholas Gregory Mankiw / (マンキュー)


(英文原案)Nicholas Gregory Mankiw
Mankiw was born in Trenton, New Jersey. He is an American economist.
Now, he is a professor at Harvard University, college of Economics.
He graduated from Princeton University in 1980. Moreover, he was summa cum laude.
Then, he procured Ph.D(Doctor of Economics) at Massachusetts Institute of Technology University(MIT) in 1984. He was noted as a young and bright student, and became a professor at Harvard University in 1987 when he was twenty-nine years old. He worked on politics when he was appointed to thePresident George.W.Bush as chief of the Council ofEconomic Advisors (CEA) in May 2003.
His major is Macroeconomics and he is studying various field; marketing, financial market, financial politics, economic growing, and so on. His thesis is published in an American main journal. Mankiw's thesis is quoted in many Macroeconomics texts, and his thesis and name is widely known. Especially “menu costs” is famous for analyzing the problem of Microeconomics; which is the source of price stickiness.
Mankiw is generally well
known by this text book.
He wrote a book Macroeconomics for intermediate students of Economics in 1992.

It became a best-seller of Economics text books in the U.S.A.
Now, this book is used in Economics class in many Universities in the world.
Moreover, he also wrote “the Principle of Economics” for people who want to study Economics in 1998. It also became a best-seller as Economic text books in the world, including Japan.
He bought a house from the income of these books.
In Economics, there are classical sect and Keynes sect (Kynesian).
The advantage of Mankiw’s theory is to analyze Macroeconomics with
“long-term analysis” and “short-term analysis” without distinguishing the Keynes sect (Kynesian) and the classical sect.
He suggests that recession is the deficiency of aggregate demand. He argues that the Goverment simply carries out financial politics and is able to solve by drawing up aggregate demand in personal consumption of household economy and facility investment of enterprise.
Mankiw not only excels in theory and study but also it is easy for us to understand.

It is very define.
In the point, he is superior to other economists and this is the reason that he is popular among many people.

 

 

 

「マンキュー」 (日本文原案)
マンキューは、ニュージャージ、トロントで生まれた。彼は、アメリカのエコノミストである。現在、ハーバード大学経済学部の教授である。
1980
年、プリンストン大学卒業。首席であった。
それから、1984年にマサチューセッツ工科大学で博士号(=経済学博士)を取得。
若き天才として注目され、29歳でハーバード大学の教授となった。さらに20035月には減税政策のチーフとしてジョージ・W・ブッシュ大統領によって抜擢され、政策に従事した。
彼の専攻は、マクロ経済であり、マーケティング、金融市場、金融政策、経済成長など様々な分野を研究している。
彼の論文は、アメリカの主要なジャーナルに掲載されている。マンキューの論文は、数多くのマクロ経済のテキストまたは論文に引用され、その名は、広く知られている。
特に「メニュー・コスト」は、マクロ経済の問題を分析していることで有名である。それは、価格硬直性ということである。マンキューは、このテキストによって一般的によく知られている。彼は、1992年に「マクロ経済」という本を経済学の初心者学生向け書き、それがアメリカで経済学テキストとしてベストセラーとなった。
この本は、経済学の授業で世界の様々な大学で使われている。
さらに、彼は、1998年に経済を勉強したい人々のため「Principle of Economics」(マンキュー経済学)もまた書いた。これもまた、日本を含む世界各国で経済学テキストの本としてベストセラーとなった。
彼は、これらの本の収入で家を購入した。
経済学には、古典派とケインズ派がある。マンキューの大きな利点はの一つは、ケインズ派や古典派と区別することなしに長期的分析短期的分析でマクロ経済を分析することである。
また、彼は、不況は、総需要の不足であり、単に政府が金融政策を行い、家計の個人消費や企業の設備投資は総需要を引き上げることで解決できるという理論を提唱している。マンキューは、理論や研究が優れているだけではなく、理解しやすいのである。この点において、彼が他のエコノミストより優れており、多くの人々に人気がある理由である。

 



 


L'âge d'or /円谷尚智