<アーティスト情報>ビートたけし

本名は北野武(きたの たけし)。東京都立足立高等学校から明治大学工学部(現理工学部)機械工学科卒業(特別卒業認定)。元・東京芸術大学大学院映像研究科特別教授(2005年~2008年)。コメディアン(お笑い芸人)であり、マルチタレント、映画監督でもある。

人気が出るまでは、浅草で厳しい下積み時代を過ごす。「浅草キッド」という曲の歌詞にもあるように客が二人位の演芸場で涙ぐましい努力をした。その後、努力が実り、社会風刺をテーマに笑いを展開し、ツービートで人気を得る。「オレたちひょうきん族」、「風雲たけし城」、「北野ファンクラブ」、「元気が出るテレビ」などが大人気となり、いつしかトップ芸人となる。また、映画監督としても才能を発揮し、1997年には映画「HANABI」で第54回ヴェネツィア国際映画祭にて金獅子賞を受賞した。日本の作品としては実に40年ぶりの快挙である。特に映画では海外からも注目を集め世界の北野武として活躍している。

一方で、理系学部出身であることからもわかるように数学が好きで、数学への造詣がとても深いことでも有名である。「たけしのコマネチ大学数学科」という番組では理系の現役東大生と同じ数学の問題を時間内に解き、勝負し幾度となく勝った実績もある。

また、司会、俳優も熟し、自身の曲をCDで出すなど現在に至るまで常に第一線で活躍している。

L'âge d'or /円谷尚智