曲目:「流されはしなかった」

「流されはしなかった」は、小椋佳自身、25年にも及ぶ銀行員としての職務に終止符を打つという意味合いを込めて作った楽曲と言えよう。特に感慨深い歌詞とメロディーを情感を込めながら表現している小椋佳氏の歌唱力が秀逸である。

また、この楽曲は、早い流れ、時として激流の川へとボートで乗り出していく姿が描き出されている。

川下から川上へと敢えて流れに逆らって精一杯、ボートを漕ぐことに例えて、人間が常に何かに挑戦していくこと・挑みの生活を送ることへの意義を謳っている。そして、その目標の向こう側にある大きな夢を自分自身が強く信じることへの大切さが表現されている。

人間、老いも若きも夢に向かって精一杯、努力することは、まさに眩いばかりの輝きを放ちながら生きている。

この曲は、小椋佳氏自身にとっては、銀行員としての生活を終えた時、その後の人生を音楽家として生きるという夢を具現化した内容であると同時に大きな夢や希望あるいは目標を持ちながら生きる多くの人々を力強く後押ししてくれる楽曲なのではないだろうか。

<歌詞>作詞:小椋佳 作曲:ERIC CAEMEN

 

早い流れ 急な流れ 若さを抱え

僕らはボートを降ろし 敢えて挑んだね

川下から 川上へと 流れに逆らい

決して 楽は望むまい それを誓ったね

僕らをあの日襲った囁き

河に飲み込まれるな 下るなと聞いた

信じてみたいんだ 漕ぎ昇る先の夢を

 

 

心込めて 愛を込めて 精一杯漕いだ

オールの汗と涙は過去へ流れても

薄れないさ 忘れはしないさ 約束しよう

妙に利口にはならないと君と別れても

流れに乗って下った者達

海に放り出されて 漂うと聞いた

祈るとしようか 残された時間の夢を

僕らは今や挑み終えた河を

見限ることにしよう 新しい流れ

信じてみるんだ 自ら生み出す夢を

 

信じてみるんだ 自ら生み出す夢を

祈るとしようか 残された時間の夢を

 

アルバム:Debut(デビュー)

 

ディスク:1

1. DEBUT

2. さらば青春

3. 木戸をあけて

4. 少しは私に愛を下さい

5. 飛べない蝙蝠

6. 俺たちの旅

7. めまい

8. 縦縞のシャツを着て

9. 便り届くなら

10. 花霞そして舞落葉

11. 函館山から

12. 歓送の歌

13. 恋の困惑

14. 山河

15. 誰でもいいから

16. 拝啓 お元気ですか(ボーナス・トラック)

17. ゆきどまりの海(ボーナス・トラック)

 

ディスク:2

1. 公園に来て

2. 白い一日

3. シクラメンのかほり

4. 揺れるまなざし

5. 心の襞

6. あどけない宇宙人たちよ

7. 冬木立

8. モク拾いは海へ

9. ,してしまうもの

10. 泣かせて

11. 逢うたびに君は

12. 愛燦燦

13. 流されはしなかった

14. 幕は降りない

15. 時の始め,空の果て~美しい暮らし

16. 甘いオムレツ(アルバム・ヴァージョン)

L'âge d'or /円谷尚智