曲目:「夏の終わり」

「夏の終わり」は、1990年に発売された「誰がために鐘は鳴る」というアルバムに収録された曲である。ウェストコースト・ロックのようなとても爽やかな楽曲となっており、所謂、浜田氏特有の味わいである「ハマショー(浜省)サウンド」が実によく醸し出されている人気の高い曲の一つである。

当時、歌詞の内容から引退が囁かれる一曲となり、話題を呼んだ。

この曲の歌詞は一人のミュージシャンのことを描いており、それはまさに浜田省吾自身の音楽家としての人生と重なる。

特に「もう誰の心も引き裂くことなんてない この車もギターも売り払い 海辺の街 潮風と波の音を 枕にひとり暮らそう」という部分は、彼が音楽界から引退して静かに一人で海辺の街で暮らそうという決意が込められていたのではないだろうか。

また、私達にとっても何かに疲れた時、苦しんだ時あるいは行き詰った時には、誰も傷つけることなく潮風と波の音を聞きながら静かにひっそりと平穏無事に生きていくという人間の在り方に多くの共感を抱くことが出来るのではないだろうか。

<歌詞>作詞・作曲:浜田省吾

 サンディエゴフリーウェイを南へ走ってる

国境線越えたら砂埃舞うメキシコ

夏の終りの乾いた風が窓から

おれの口笛吹き飛ばす

フロントガラスに

テキーラサンライズ

もう誰の心も引き裂くことなんてない

この車もギターも売り払い 海辺の街

潮風と波の音を枕にひとり暮そう

ギター抱き締めて眠ったあの頃

貧しさと憧れの中 夢に見た R&R STAR

キャンパスを中退して長い旅に出た

果てしなく続く"ON THE ROAD"

流星のような

幾千もの夜

愛してくれた人 打ちのめす程傷つけた

汚れた悲しいメロディ 身を切るように繰り返す

拍手とスポットライトと報われぬ涙の陰で

 

もう誰の心も引き裂くことなんてない

手に入れたものみんな失ったって構わない

残された僅かな時間 静かにひとり暮そう

 

潮風と波の音を枕にひとり暮そう

 

 

 

アルバム:誰がために鐘は鳴る(※1999年にリマスタリング版が再発売された)

 

全作詞・作曲:浜田省吾、全編曲:梁邦彦 with The Band 

MY OLD 50'S GUITAR

BASEBALL KID'S ROCK

少年の心

青の時間

サイドシートの影

恋は賭け事

夜は優し

SAME OLD ROCK'N ROLL

太陽の下へ

詩人の鐘

夏の終り

L'âge d'or /円谷尚智