「あなたはどう思いますか?~What happened to DAISUKE NAITO(内藤大助)~<内藤大助VS亀田興毅戦を振り返って>」

 本日、内藤大助VS亀田興毅戦が行われた。試合は、一進一退の攻防であった。しかし、結果は、亀田の大差による判定勝ちであった。ここで些か、いやかなりの疑問に私達は悩まされ怒りを感じざるを得ないのではないだろうか。亀田はガード主体で手数も少ない。それに比べて内藤は手数も多かった。唯一、鼻血を出すアクシデントに見舞われたくらいで僅差の判定ならともかく大差というのは合点がゆかない。どうみても負ける要素が見当たらず、試合運びなどを加味すればむしろ押していた内藤が僅差の勝利あるいは最悪ドローが無難とみる。この点から言えば
不正採点試合であると言えるのではないだろうか。
思えば、過去にランダエダVS亀田興毅戦の時も亀田はダウンを奪われ終始圧倒されていたにもかかわらず試合に判定勝ちしたのは亀田だった。また、ランダエダ戦同様に今回もTBSアナウンサーの過剰な亀田をアピールするアナウンスとおまけに解説の鬼塚も徐々に迎合しているような解説に転換してくる。鬼塚氏はランダエダ戦においてもその解説が問題とされていた。
まるでランダエダ戦の二の舞である。私は何かの癒着や不正が執り行われているようにさえ思う。
TBSは亀田兄弟を幼き日からボクシングで世界チャンピオンを目指す家族として取材を続けてきた。いわばスポンサーであり、そこには虚像という造られたチャンピオンとう感が否めない。
だからこそ広義に考えれば、買収や不正アナウンスなどが横行しているようにさえ思われる。
いつも亀田戦にはこのように明らかに納得のいかない結果が多く存在する。それは、上述のような背景が介在しているのではないかと推察する。今回は怒りを感じて放送局であるTBSに電話をすることにした。
案の定、NTTからの「大変、混み合ってます」とうメッセージが流れた。恐らく苦情の電話が殺到しているのだろう。時間をおいて電話をしたらなんとテレビ局側が留守番電話に切り替える始末である。
素人だと言ってもお客さんは正直です。
今回の試合はどうみてもドローだし、私は明らかにあんな大差がつくのはおかしいと思うと同時にそうとしか言いようがありませんでした。

最後に私の大好きな映画である「何がジェーンに起こったか」の題名をもじるならばまさしく「何が内藤大助に起こったか」である。

「今回の試合をあなたはどう思いますか」

L'âge d'or /円谷尚智