「オリンピック~星野ジャパンを振り返って~」

 オリンピックの野球の星野ジャパンは4位に終わり、メダル獲得はならなかった。選手を始め、日本国民も悔し涙に明け暮れた。何が敗北の要因かと言えば、星野采配のミスもあったであろう。しかし、その判断・迷いを生じさせたのも日本国民全体の「金メダル」という願いの重圧が根底にあるかと思う。この国際試合を通して投手陣は、なかなかふん張っていたように思える。話を初期段階に戻せば人選ミスにあると思う。先ず、怪我や故障を抱えた選手が多いということ。次に打線である。いわゆる野球のセオリーとしては、クリーンヒットを打てる巧打者とポイントゲッターの強打者で構成されるのが基本。クリーンヒットが出て、長打で返すか長打が出て、クリーンヒットで返すかというコインの表と裏のようなもの。打者は、青木、川崎、西岡などの巧打者はいるが、中核的なスラッガーは不在である。浜の主砲の村田や阪神の新井も真のスラッガーとは言えない。打撃の粗さが目立つ。まして、国際試合であるので、球威と切れのある投手が多いであろう。ヒットを打つのにもそれなりのパワーが必要になってくるのではないだろうか。今回は、選ばれていない小笠原、金本、松中など適応力とパワーを併せ持った選手が選ばれていない。特に小笠原、金本はここ一番の勝負強さがある。また、高橋由伸など突破口をつくれる打者も不在。先にも述べたが故障者も多く必ずしもベストメンバーとは言えない。オリンピックの一連の試合を見ているとやはり真の四番打者という軸不足が否めない。松中などは存在感もさることながら日本野球での実績もあり、必ずや日本の中軸になり得るバッターである。
また、試合後、岩瀬を始めとする投手起用については「それが俺のやり方だ」と一蹴した一言に全て明快に表れている。つまり、星野監督が中日の監督時代にどんな苦しい場面でも幾度となくピンチをしのいで抑えてくれた岩瀬への絶大な信頼がそこにあるからだ。自分が監督として育てた信頼ある岩瀬・藤川・川上に全てを託したのである。自分の一番、信頼した投手で打たれたら本望だと感じるのが星野仙一なのである。また、失敗やミスをしたからといってもGG佐藤などを使い続けるなど義理と人情の人柄が窺える。しかし、激しい緊張により選手は、ミスを連発するという裏目の結果が多発。今回は、星野監督を見ていて感じたことは「らしくない」ということである。いつも、一歩踏み出す勇気、変える勇気、立ち向っていくことを教えてくれたのに妙に臆病になっているように感じた。また、体調も持病の高血圧によりすこぶる悪いようにであった。余程、日の丸のプレッシャーというものが重くのしかかってしまったのだろう。また、中日・阪神時代を支えた名ヘッド・コーチ島野も他界されてもういない。北京では、必ず金メダルを取って帰るからと涙ながらに葬儀で訴えていたのが印象的だ。
今や世間の星野監督に対する批判は強い。世間とは、全く冷たいものだと感じた。勝てば官軍、負ければ賊軍か。結果が全てという風潮に私は心が傷んだ。彼の人間味ある義理と人情が好きだった。しかし、オリンピックでは皮肉にもそれが裏目に出てしまった。今般の彼への冷ややかな態度・批判は、まるで自分のことのように悔しかった。そこには、人間の醜ささえ感じた。人間というものは都合の良い生き物である。あれだけ期待とエールを送りながら、負ければ態度は真逆である。誠心誠意頑張った者を労うことさえない。
来年、3月のWBCの監督要請が既に挙がっている。彼は前向きのコメントをテレビで言っていた。私は、その心意気には心を打たれた。何より嬉しかった。それでこそ闘将星野仙一である。今まで、幾度となく叩かれて、時には失敗してそれでも挑んできた姿には熱いものが込み上げてきた。そういう星野仙一の姿からたくさんの勇気や夢と希望そして情熱を持って挑むことを教えられた。願わくば、今一度、彼にチャンスを与えてほしいものだ。犯罪を犯したわけでもないのに失敗を挽回することもできないのは誠に不条理さを感じる。では、失敗した人間は、二度と浮かびあがれないのだろうか。古来より、日本は、失敗しても挽回のチャンスを後押ししてくれるのがいいところではなかったのではないだろうか。人間、夢を語れなくなったらお終いである。TBSドラマ星野仙一物語の終幕に阪神の監督になる決意をした時も「夢は追うためにあるんだよな」と亡き妻に心で問いかけるシーンがある。まさにその通りである。そういう想いを持ちながら、人は挑戦という歩みを続けていくのである。
最後に、北京での野球の4位の結果について、星野婦人の葬儀の時の一言を拝借して「悔しいです。残念です。無念です。」という感じである

L'âge d'or /円谷尚智