「亀田戦の裏側にはTBSの不可解な行動があった~What happened to DISUKE NAITO<内藤大助>~VOL.2」

下記の記事は、昨日付けで発表された夕刊フジからの抜粋である。
なお、リンク形式には敢えてしませんでした。ご了承のほどお願いします。
<夕刊フジ>

29日夜に行われた内藤大助(35)vs亀田興毅(23)のプロボクシングWBCフライ級タイトルマッチ。その舞台裏で中継局のTBSが判定の採点内容を読み上げないよう、リングアナウンサーに指示していたことが分かった。日本全国を大混乱に陥れかねない前代未聞の事態はなんとか回避されたが、せっかくの世界戦に泥を塗りかねない横暴は非難されて当然だ。


 「こういうことが起こるなら、もう2度とTBSとは仕事をしない」


 この一戦でリングアナを務めた富樫光明氏(38)は試合後、怒り心頭で格闘技ジャーナリストの片岡亮氏にお粗末な内幕をぶちまけた。


 富樫氏はJBCのライセンスを受けた公式リングアナで、日本で行われる多くの世界戦を10年以上にわたって手がけてきた。富樫氏がこの日、最初にTBS側に不信感を覚えたのは、王者と挑戦者が入場する際に俳優の小出恵介がアナウンスを務めたこと。富樫氏は事前に説明を受けておらず「なぜ世界戦でライセンスもない素人を起用するのか」と首をひねった。


 TBSはこの日の試合を中継するため、人気ドラマ「日曜劇場JIN-仁-」を通常より25分繰り下げて放送したが、これに出演中の小出が番組宣伝を兼ねて引っ張り出された格好。富樫氏の不安は的中し、慣れない仕事で小出は「WBC、世界フライト級~」とNGを出してしまった。


 さらに試合途中で、中継を担当するTBSのディレクターから、富樫氏に対して「試合後は勝者だけ読み上げて、判定の採点内容は読まないでほしい」と思いもよらない要請が。しかし富樫氏は試合を締めくくる上で不可欠な情報と判断し、指示を振り切る形で採点内容を読み上げた。


 会場で両者のごたごたを目にした片岡氏は「TBS側の意図は定かでないが、4ラウンド終了時に発表された採点に会場から疑問の声も上がったため、(2006年に興毅がWBAライトフライ級王者となった)ランダエタ戦の疑惑判定で抗議が殺到したトラウマがよみがえったか。あるいは勝者のコメントを番組の中に入れたかったが、放送時間が押していて端折ろうと考えたのではないか」とみる。


 確かにこのビッグマッチはTBSの巨額の投資という後ろ盾があってのもの。ある程度の発言権は認められて当然だろう。しかし世界タイトル戦で、採点内容も明かさずに「判定勝ち」という結果だけ伝えれば、スポーツとして形をなさない。会場に詰めかけた観客や中継を見ていた視聴者にいたずらな憶測や混乱を招き、世界戦の権威を損なうだけだ。


 番組主導の暴挙はリングアナの良心によって事なきを得たが、こんな調子では今後の興毅の防衛戦も先が思いやられる。

<以上、夕刊フジより>

上述の記事を読めば周知のように、益々、試合は亀田が勝つように仕組まれた出来レースの様を呈していると推察できる。

ランダエダの時と同様に明らかな判定に不可解な点数差があること。
それに加えて何故、スコアを公開しないようにと指示したのだろうか。人間の心理からすればそれは単にランダエダ戦のトラウマということだけではない。そこには知られてはならないやましい事柄が介在しているからではないだろうか。
そもそも何故、一ディレクターがスコアを公開する前から知っているのだろうか。また、何故、ディレクターが判定スコアをチェックしていることからも益々、不可解だとは思わないだろうか。

確かに、TBSは亀田家に幼き日より投資しているスポンサーであり、言ってみれば株主の様なもの。亀田にチャンピオンとなって活躍して、色んな仕事に携わってもらえれば一種のリターンが生じ、投資が回収でき、更には儲かると仮定すれば出来レースの試合を組むことが意味をなしてくる。

しかし、亀田のようなこんなアウトボクシングで、防御に徹するようなボクサーを皆さんはどう思いますか。真のチャンピオンと呼べるのでしょうか。また、亀田自身、これで例のビックマウスで、チャンピオンっとして威張るような物言いがあるのならばそれこそお笑い草である。

皆さんは、今回の試合は不正試合だと思いませんか。

L'âge d'or /円谷尚智