「内藤大助VS亀田大毅の試合について」

プロボクサー内藤大助は亀田大毅との選手権試合を反則攻撃にも屈せず大差での勝利であった。王者たるボクシングテクニックは見事であるがそれ以上に内藤大助という人物の人柄が目立った一戦にも思える。内藤は、イジメのあった時代もあり、悩んで胃潰瘍にまでなったという。そういう経験がボクシングを始めるきっかけで、今年六月まではバイトで生計を立てていたという。内藤は亀田に対し「折角いいものがあるから、反則などしないでもっと技術を磨いていけばもっとよくなるし、もったいない」と反則を受けたにもかかわらず、決して相手を非難して悪く言わないところに内藤という人物の人柄が滲みでている。辛いことをたくさん経験してきた苦労人であるからこそ相手への配慮や真摯な姿勢が窺える。また、内藤は応援してくれているファンへの熱い感謝がいつも絶えない。妻はいつもを支え正に内助の功である。このような遅咲きチャンピオンで、苦労人の内藤の頑張りは多くの人に希望を与えるだろう。それは辛いこと・困難があっても「頑張って精進していけば、そこには幸せな明るい未来が待っているという」ことへの証明でもある。内藤大助の人柄と歩んできた人生に感銘を受けた。これからも変らずに、驕らずに頑張っていってほしい。

L'âge d'or /円谷尚智