「学びたいのに学べない~高校中退者増加について~」

ここ近年、深刻な話題となっているのが高校中退者の激しい増加である。これは、家計の貧困により学費が払えないため学校を辞めざるを得ない方々のことである。所謂、学びたいのに学べない学生たちの嘆きは日に日に増している。高校を中退した人々は、未来への希望ややる気、目標等も無くなっているようだ。それを聞くと心が傷むと同時に、納得ができる。求人誌を見ても高校卒業以上は、大体が必須項目であるからだ。確かに、今後の見通しが立たないと推察できる。
何故、このような家計の貧困が学費を払えないまでになったのだろうか。日本は、昔から終身雇用制や年功序列制賃金などにより個々人の収入及び家計は安定していた。しかし、次第に落ち込む経済悪化により上述のような日本型経営は崩壊し、非正規雇用者数が増大して家計が不安定になっていった。当然、所得の減少につながる。一方、海外では、教育に対して国が大きな支援をしているが、日本は「教育」を謳っていながら国の支援制度や社会保障が不足している。故に、個々人(親)の負担によるところが大きいので、家計の安定性というものに結び付く。従って、家計が不安定になれば学費滞納は否めない。
ここまでの不況になったのは、まさしく国の責任である。早急に、国は解決策・国策を打ち出さなくては、今後、このような状況は、悪化の一途を辿る。この問題を打開するには、国が総力をあげて様々な支援体制や社会保障制度を築いていく他はないのではないだろうか。さらに、国主導で教育ファンドや基金づくりをする整備もしていくべきである。
日本の未来を背負うはずの多くの子供たちが今や路頭に迷っている。このようなことでは、日本の将来の見通しも立たず、沈没してしまうのではないだろうか。
だからこそ、「未来の投資」と位置付けて手厚い支援や国が保障するという体制づくりが何より肝要なのである。かつて、元政治家の浜田幸一氏が「いいか、自民党は、かわいい子供たちのためにあるんだ」と高らかに宣言していたが、自民党主導の政権は、何の打開策や提案もしない無能・無策による腐敗政治であるのが現状である。これからの子供たちの将来を思うと大変、心が傷む。また、高校をやむにやまれず辞めていった方々の将来は、一体、どうなってしまうのだろうか。もはや、殺伐とした、暗い世間に複雑な心境を抱く今日、この頃である。

L'âge d'or /円谷尚智