「星野仙一の北京五輪について」

私は、何か壁にぶつかったり、弱気な時、立ち向かっていく姿勢や勇気をもらった人物がいる。現在、野球で全日本監督の星野仙一である。思えば、星野監督は、阪神を常勝軍団にするときも、相手に向かっていくことや「逃げるな、悔しくないのか?」と選手を鼓舞し、いわゆる攻めの精神・理論を徹底的に植えつけた。そして、阪神を優勝させた。これ以降、しばらく監督は引き受けないだろうと誰もが思ったであろう。しかし、全日本五輪の監督という荒波に再度、乗り出したのである。昨年のアジア選抜で、北京行きの切符を手にしたものの、日の丸を背負って戦うのは想像を絶する程、辛かったのではないだろうか。田淵や山本などをコーチ陣に迎え、「仲良し首脳陣」とも言われた。まして、負ければどんな非難が待っているかもわからない。私は、一連の試合を観て、熱いものが込み上げてきた。幾度も試合を左右する場面でも、選手を信じている姿があったからだ。やるだけのこと全てやったらそれがたとえ失敗しても全て監督の責任であるという信念を持っている。そこには、選手時代から変らず、逃げずに相手に向かっていく闘将星野仙一の姿があった。試合後、星野監督は男泣き、日本中が感動したであろう。どんな困難やプレッシャーが立ちはだかっても一歩踏み出す勇気というものを星野監督は私たちに、日の丸のユニフォームを着ることで示してくれた。何より、人を信頼するということを教えられた。星野監督は、武闘派であるといわれているが、それだけでは選手はついてこない。誰にも負けない情熱があり、選手への信頼があるからこそ人(選手)がついてくるのだと思う。星野監督、感動と多くの勇気をありがとう。がんばれ!全日本

L'âge d'or /円谷尚智