「次期総裁について」

 次期総裁は党内などでは福田氏が圧倒的優勢だそうだ。一方で国民の福田氏に対する声もまずまずだが、やはり国民の間ではキャラが目立つ麻生氏が勝っているようにとれる。しかし、小泉氏、安倍氏のようにキャラがあるいわゆる人気者的な総裁は今は不要。むしろ石橋を叩いて渡るような地味だが堅実性と地力を兼ね備えた福田氏のような人物が総理となるべき時ではないだろうか。福田氏は官房長官だったときのメディアなどの対応を見てもどっしり構えていて何事も毅然とした態度で臨んでいたという印象がある。そこには己の信念がしっかりしており、そこに断固とした判断力を兼ね備えているのであろう。恐らく政治的局面ではこの判断力がかなり優劣を決めるのではないかと推察する。福田氏の自信に満ちている現在の総裁への決意に期待したいものだ。

L'âge d'or /円谷尚智