「王監督」

福岡ソフトバンク監督であり、ホームランキングの王貞治の特集がテレビで放映されていたので拝見した。王監督を尊敬し、弟子にあたる小久保・松中はスランプに陥っておりチームは低迷、そんな時でも、心の中でぐっと堪える王監督の姿があった。王監督は選手時代は、三振王の汚名を一時うけたこともあるが、努力と貪欲なまでの練習とそれを支える向上心で数々の試練を乗り越えてきた。そこには監督になった今も変わらない試練や困難に向かっていく姿勢がある。よく男は背中で語るものというがそういう王監督の歩んできた人生・人徳・姿勢という背中をみつづけているからこそ小久保・松中は揺るぎない尊敬の念を持っているのだろう。彼らが野球というもので迷っている時も、厳しいなかにも実に温かく選手を見守っている。思えば、彼が福岡(当時ダイエー)の監督になった時、チームが勝てず様々なヤジ、挙句の果てに生卵なども投げつけられたことがある。とても屈辱的な出来事であったであろう。しかし、そんな時でもぐっと堪えて、選手を鼓舞し続けチームを数年越しで常勝軍団に育て上げた。そんな王監督に私も尊敬の念がある。何か物事を成し遂げる時、様々な困難・試練があるが、辛くても耐えて立ち向かって行き、乗り越えていくというお手本を王監督は野球というものを通じて我々に示している。立ちはだかる壁にぶちあたった時も、歯をくいしばり耐え忍び努力すること、そこにきっと成功というものがあるのだろう。

L'âge d'or /円谷尚智