「Eagles(イーグルス)コンサートに行って<2011.3.5 東京ドームにて>」

昨日は、念願のEaglesのコンサートに行って来ました。実に7年ぶり5度目の来日ツアーである。

 思えばEaglesは、1971年にデビューを果たし、「Take it easy」のシングルやアルバム「Desperado(ならず者)」等が立て続けにヒットし、それ以降のロック志向路線のアルバムでは「オンザボーダー」、「呪われた夜」などを発表し、カントリーとウェストコーストロックの二つながらの顔を併せ持つロックバンドとして確立されていった。

 1976年にベストアルバム「グレイテストヒッツ 1971-1975」が大ヒットを挙げ、同年、彼らの代表作の一つである「ホテルカリフォルニア」を発表した。当時のアメリカ社会を風刺して鋭く批判する内容となっている。この曲を以って、彼らのアメリカロック界での地位は不動のものとなっていった。

 しかし、ヒットを続ければ続けるほど次回作に対する世間の期待は波濤のような勢いで押し寄せて来る。一方で、彼らも今まで以上の作品を提供しなければならないというプレッシャーでついには行き詰まってしまった。彼らが下した結果は、「解散」という決断でイーグルスはその歴史に終止符を打った。

それから十余年の時を経て、1994年、彼らは不死鳥の如く再び活動を始め「再結成」を果たした。2004年から「Farewell Tour」を敢行し、2007年にはニューアルバム「Long Road Out Of Eden」を発表したことで再び世間から脚光を浴びながら現在に至る。

 

 本日のコンサートは、「Long Road Out Of Eden」からの新曲やお馴染みの「ホテルカリフォルニア」など新旧の楽曲が融合する実に色彩豊かな内容となっている。注目すべきは、彼らのボーカル力をはじめ、サウンドを奏でる技術力とセンスの高さに尽きる。アンコールでは、「Take it easy」、そして、ラストの曲はやはりお決まりの「Desperado(ならず者)」で締め括った。

特に「Desperado(ならず者)」は、彼らにとっても特別な思い入れのある曲であると同時にアメリカロック界をはじめ世界中で認められる珠玉のバラードの一つであると言えよう。

 

 私は、この曲を聴きながら何か物悲しくもあり、人々の人生の困難の数々を彷彿と蘇らせながらも自分自身の歩んで来た道程を重ねながら思い起していた。また、彼らの日本でのコンサートが年齢的にこれで最後になるかも知れないという一抹の寂しさも過ぎった。

Desperado」の曲が終わると会場からは絶え間ない拍手の渦と歓喜で満ち溢れた。さらに会場全体の観客が立ち上がりスタンディングオベーションで彼らを見送った。

 昨日、Eaglesのコンサートを聴き終えて私自身、得も言われぬ感動を得た。彼らのボーカル力やサウンド技術は他の日本に来日してきた歌手とは一線を画しており、比較にならないほど卓越している。まさに別格とはこのことである。

長い間、常に第一線で活躍し、多くのファンに愛され続けて来た要因と確固とした証がそこにはあった。

 もはやアメリカロック界のみならず全世界の音楽界における至宝であり、金字塔と呼ぶに相応しい存在である。

これからも彼等の栄光は後世に語り継がれ、世代を越えて愛され続けて行くだろう。ここ近年のEaglesは、年齢を重ねて得たゆとりからか益々、総合的な音楽力には磨きがかかり、一段とその輝きは増しているように感じられる。今後も体力の続く限り、変わらないパフォーマンスを提供してもらいたいと同時に世界規模の音楽界において尽力してほしいと切に思う。

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    Madeline Palmeri (水曜日, 01 2月 2017 23:19)


    What a material of un-ambiguity and preserveness of precious knowledge on the topic of unpredicted emotions.

  • #2

    Elly Galicia (金曜日, 03 2月 2017 06:55)


    Why people still use to read news papers when in this technological world everything is presented on web?

  • #3

    Ela Foree (金曜日, 03 2月 2017 20:53)


    Hey there! This is kind of off topic but I need some advice from an established blog. Is it tough to set up your own blog? I'm not very techincal but I can figure things out pretty quick. I'm thinking about making my own but I'm not sure where to begin. Do you have any points or suggestions? Cheers

L'âge d'or /円谷尚智